common studio「私たちの小学生時代」

「学びは、親子をこえた、一生モノ」
子どもが学ぶように、自分自身学び続ける親でいたい、そんな親御さんの声をよく聞くようになりました。
commonは、子どもの1番身近な教育者である、親も一緒になって学び、一緒に教育のあり方を探れる場でありたいと考えました。
そんな思いでcommonの一部をcommon studioとし、「私たちの小学校時代」と題して、
・各界でご活躍の方の、
・幼少期の原体験、
・親子との対話、
・そこで形成された価値観
を発信してしきます。

Vol.1 ビリギャル小林さやかさん

【プロフィール】『学年ビリのギャルが 1 年で偏差値を 40 上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴・著)の主人公であるビリギャル本人。高 2 の夏に小学4年レベル、偏差値30 の学⼒しかなく、教師に「人間のクズ」と呼ばれたことも。その後、1年で偏差値を40上げ、慶應義塾大学に現役で合格。卒業後は、ウェディングプランナーとして仕事をし、その後は講演、学⽣・親向けのイベントやセミナーの企画運営など、幅広い分野で活動中。2019年3⽉に自⾝初の著書『キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語』(マガジンハウス)を出版。2021年に学習科学の分野で修士課程修了。2022年秋より米国コロンビア教育大学院に進学予定。


Vol.2  Forbes 30 under 30 Asia 星賢人さん

【プロフィール】1993年11月2日生まれ。24歳。東京大学大学院情報学環卒。孫正義育英財団会員。

ゲイ(男性同性愛者)を自認し、これまでいじめや差別・偏見を受け人生に絶望するも、大学ではじめてLGBTコミュニティに出会い、LGBTサークルの代表を務める。そんな中、多くの友人が自身のセクシュアリティを理由に就職を諦めていくのを目の当たりにし、株式会社JobRainbowを設立。米国にて「Social Justice Leader」の10人に選出。


Vol.3 東京大学大学院  岩澤直美さん

【プロフィール】“違い”を価値にする多様性社会を目指し、高校生のときにCulmony(カルモニー)を設立。異文化への興味と理解を促進する教育プログラムを、学校や企業に提供している。また、講演や執筆にも力を入れている。東京大学大学院では、異文化間能力の学習支援に関する研究を行っている。日本とチェコにルーツ。