民間学童common は、それぞれ高い専門性があるスタッフを集めています。子どもの視点に寄り添った見守りと、一人ひとりの可能性を伸ばすことを軸に、お子様の放課後の学びを充実させていきます。


common代表

空田 真之

法政大学卒。現在のライフテーマは、次世代リーダー育成。小学生から歴史の魅力に見せられ、大学ではローマ史を専攻。大学卒業後、キーエンスやリクルートを経て学びの環境デザインをテーマにLiCを立上げる。立命館大学や福岡雙葉高校など大学や高校にて、年間500名以上の探究学習に携わり、文部科学省推進事業WWLでは探究活動の動画教材なども制作。その中で、学びに向かう姿勢は幼少期の原体験が大切と実感し、学童を始める。

 

ヤングダボス One Young Worldへ日本代表団として派遣後、その 日本法人理事や、学校法人滋慶学園の学校評価委員会なども務める。2の父。

施設長

吉田 諒

法政大学グローバル教養学部卒業。

高校までは物理や数学に打ち込んでいたが、小学校から通っていた英語を使って異文化理解を深めたいためグローバル教養学部に進学。国際関係学、メディア学を学ぶ中で、自分の捉え方次第で物事の解釈や結果が大きく変わる、変えられる事に感銘をうけ、社会心理学に関心を持つ。中高生の研究を応援するサイエンス教育機関Manaiの立上げに関わり、子どもをより深く理解するためカリフォルニア大学へ交換留学。最新の発達心理学を学ぶ。

その後小学生向けの探究学童を立上げ、少人数の子どもたちが探究活動を行う施設の施設長に就任

 

より多くの人の関わりの中で見守ることが必要なのではないかと感じるようになり、地域や保護者、コミュニティのつながりや一体感を大切にするcommonの考え方に共感し、参画する。

ラーニングプランナー/アート担当

髙橋 紗輝

東京学芸大学教育学部 芸術スポーツ文化課程美術専攻卒。

高校時代の美術館での鑑賞がきっかけとなり、美術や芸術に興味を持つ。大学では美術史を軸に、美術教育や生涯教育、考古学など幅広く学ぶ。同大学院入学後、美術館学芸員として展覧会の運営や教育普及事業に携わった。その後、放課後での学びや地域のコミュニティデザインに関心を抱き、common に参画する。

中学校・高等学校の美術教員免許保持。自身の専門は東洋美術(工芸史)。美術やアートは必ずしも特別なものではなく、ささやかな日常に潜んでいたり、時には寄り添ったり、日々を楽しく暮らすためのコンテンツのひとつだと考えている。

放課後学童支援員の資格も保持。


学童リーダー/ラーニングプランナー

太田 結香

日本女子大学家政学部児童学科卒業。幼稚園教諭一種、保育士免許、放課後学童指導員資格保持。小学生、高校生のときの担任がきっかけで教員を目指す。大学在学時に児童福祉を学び、地域の小学生と遊ぶボランティアや児童養護施設のボランティアに参加し過ごす中で、先生ではない、身近な大人として子どもたちに関わるとともに、保護者の支援に従事したいと考えはじめる。卒業後は、都内の学童保育クラブに勤める。「子どもの試行錯誤を応援する」「地域で子どもたちを見守る社会」というcommonの言葉に惹かれ参画する。自身が通っていた学童で経験したキャンドルづくりがもとで、現在キャンドルインストラクターの資格取得を目指し休日を楽しんでいる。

プログラミング教室(ロボ団)教室長

石川 和磨

医療系大学を卒業後、大学で教育に従事。その後ヘルスケア分野で起業し、事業を譲渡。事業譲渡後は海外で自由な生き方がしたいと思いWeb系フリーランスに転向。コロナ禍で代表の空田に出会いcommonの理念に共感。自分の人生は今まで出会った人たちと自分自身が探究した結果と確信。

 

プログラミング教育や探究学習を通して、出会った子どもたちの将来に選択肢が増える”きっかけ”になりたいと思commonに参画。


キャリアアドバイザー

名川 佑人

学受験業界に転職。現在はオンライン大学受験塾 Study コーデ代表を務める。今後変化が大きい大学進学の観点から common の学びをサポート。

commonアート ディレクター

山本 美由

英国とオランダの大学院にて教育・アート教育を専門に研究、約15年ほど国内外の教育の学びや事業に携わる。教員免許保持者。大学で講師としても務めている。